049-223-3773

STAFF VOICE先輩スタッフの声

嘉陽香織(理学療法士)

嘉陽香織(理学療法士)

同世代も多く、和気あいあいとした雰囲気です!

前職はどのような仕事内容でしたか?

デイケア、訪問リハビリの立ち上げから携わり、開所後はリハビリスタッフの一員として働いていました。

きらめきに転職した理由は何ですか?

結婚を機に退職をしました。再就職を考えるにあたり、デイケアでの経験を踏まえてこれまで以上に在宅生活に寄り添える仕事をしたいと思い、訪問看護を選びました。いくつかの事業所で見学や同行訪問をさせて頂きましたが、事業所の将来的な展望やスタッフ一人ひとりを尊重してくれる会社の方針に惹かれて入職を希望しました。

現在の業務内容と働きがいは何ですか?

業務内容は理学療法士として訪問リハビリを提供しています。高齢者を中心に、整形疾患や中枢疾患から難病に至るまで、幅広い疾患のリハビリを行っています。働きがいを一番感じるのは、利用者様の日常にリハビリの成果が見られたときです。「痛みが楽になった」、「立ち上がりがスムーズになった」、「長い距離を歩けるようになった」等、週に1~2回の訪問で徐々に変化が見られ、利用者様やご家族様の嬉しそうな様子が見られるとさらに身体機能やADLを向上する為に、より良いリハビリを提供しようという気持ちが強くなります。

現在の業務で難しいと思うことは何ですか?

訪問中に発生する不測の事態に対しての対処を難しく感じる事があります。利用者様の体調の急変だけでなく、生活の中に介入していくと様々な問題に直面することがあります。解決方法として、緊急時はその場で看護師に報告して判断を仰ぎますが、緊急でなければ事務所に戻った際に報告をし、どう対応していけばいいか相談します。また、訪問経験のあるスタッフに過去の事例を聞いて参考にしたりもしています。自身の対応が適切でなければ、事業所全体の信頼を失ってしまう為、日々自身が事業所の看板を背負っている意識を忘れずに、どんな事態にも対応できるように現場に臨んでいます。

職場の雰囲気を教えてください

同世代も多く、和気あいあいとした雰囲気です。楽しく話をしながら情報交換をすることもあれば、黙々と各自の作業をすることもあり、メリハリのある職場だと思います。

今後のキャリアプランは何かございますか?

訪問看護で働くようになり、これまで経験していなかったターミナル期のリハビリに介入する機会がありました。リハビリスタッフとしてもっと出来る事がないかと思うようになり、勉強会に参加するなどして知識を深めていけるように少しずつ取り組んでいます。今後としては、ターミナル期のリハビリを得意としたセラピストになりたいと考えています。

弊社への就職を考えている方に何かあればお願いします

きらめき訪問看護リハビリステーションは、まだまだ発展途中の事業所です。ですがその分スタッフ皆で事業所を作り上げていけるところが魅力だと私は思っています。訪問看護に興味のある方はぜひ一度見学にいらして下さい。

エントリーする

― 見学希望・ご質問等もこちらからお気軽にどうぞ ―

エントリーする